ゲレンデではマナーも大切

スノボーはスキーと並んで事故やケガの多いスポーツです。その実冬期になると整形外来の待合室では明らかにスキー・スノボー愛好者と思える人たちが増えています。ちょっとした油断や自信過剰が、深刻な事態を招きかねないのです。従いまして自分には無関係と高をくくる事なく、いつでも事故は起こりうるのだと覚えておきましょう。

ましてやスピードに乗ってゲレンデを暴走しないように心がけてください。実際にあまりにも無責任なボーダーらの暴走によって過去何件も、死亡を伴う重大事故がゲレンデで相次ぎました。慎重なところはスノボー滑走可能な範囲を限定して、スキーヤーとのニアミスを予防しているほどです。完全にスノボー“お断り”を表明しているゲレンデもあります。禁止区域にはぜったい侵入しない事も大切です。昨年度も捜索隊が何度も出動せざるを得ない事態となりました。

こうした事態を招かないためにも準備運動を念入りにする事と、基礎体力をしっかり身につけ万全の体制で楽しむ心がけも忘れないでください。スキー以上の筋肉運動であり全身を使っての滑走となりますから、体力がなければ怪我を負いやすく周囲にも余計な負担をかける事になります。馴れないうちは初心者コースで楽しむのがおすすめです。