基本アイテムを揃える

スノボーの基本はスキーウエア以外に固定金具であるビンディングボード、およびブーツの3つになります。スキー板との大きな相違点の1つがビンディングにあります。単にブーツを固定するだけではなく大きさ・堅さ・重さ・板への装着方法を好みに応じて自由に選択する事ができます。まったくの初心者ですと、この点にとまどいを感じるかもしれませんが、選択を誤るとケガしやすくなり他のお客様にも迷惑をかけますから、正しく選んで装着してください。

ボードも多種多様な形と大きさがあります。スキーを選ぶ際に自分の背丈よりも10cm~15cm長いものが良いとアドバイスされるのですが、スノボーはまったく逆で短いものを勧められます。さらに自分で板に装着させなければならないですから、これも初心者は少々ハードルが高いと感じる人も多い事でしょう。通常お店のスタッフが丁寧に説明かつ選択してくれますが、ある程度自分と相性の良いアイテムを理解できるようになるまではレンタルで我慢しておく方が無難です。後から買い換えとなると経済的にきつくなります。

さらに持ち運び方やリフトの乗り方マナーなど楽しくスノボーができるようになるまでに覚えておくべき事が細々あり、スキーに馴れている人も基本から学ばないと操作するのにも難しいですから、スキースクールでインストラクターの指導を受けて正しい習慣を身につけておくと良いでしょう。

またアイテムに関しては、持ち運びを煩わしく感じている若者の為に、スキーやスノボーのバスツアーなどで「手ぶらで行ける」を売りにしているプランも出てきています。これは、ウェアやボードはもちろん、帽子や手袋、ゴーグルなどの小物まで全てセットでレンタルできるツアープランです。しかも、ゲレンデに到着してレンタルできるウェアやボードは、昔と違って古いデザインではなく、ニューモデルなものであったりと非常に魅力的です。こうしたツアーであれば、初心者の人でも始めやすいですし、持ち帰って管理する必要もないのでとっても便利といえます。これから始める人は是非参考にしてみて下さいね。

参考リンク⇒⇒格安スキーツアー
(手ぶらで行けるスキー・スノボーツアーを紹介しているサイトです。)