スノボーの楽しみ方

今回は“スノボーを楽しむために必要な事”についてのお話です。スノボーは元々スキー板や子ども向けのサーフィンボードであり、それらを改造して一部の愛好家たちの間で楽しまれていたものでした。ですからスノーサーフィンとかスキーボードとか呼ばれていて、道具も板にスノーシューズを紐でくくりつけただけの簡単なものでした。

滑るのは主に新雪の上であり、雪煙をあげてスピードを競うといったものだったのです。それが今や世界中に広まりオリンピック種目にまでなっています。スノボーの楽しみはなんといってもスピード感とエキサイティングな滑りです。多種多様なスタイルとワザを駆使し、あらゆる障害物をも乗り越えて風のようにゲレンデを滑走する時の快感は格別ですから、ひとたび体験するとやみつきになります。ただし安定性にやや欠くので事故やケガのないように楽しむためには、決められたゲレンデでマナーを守って滑る事が重要です。いっときあまりにも衝突事故が多発したゆえに危険なスポーツとみなされて、多くのゲレンデから締め出しを受けていました。

ゲレンデでは他の利用者もいるわけですから、必要最小限の装備と体力作りをしてから行ってください。結果的にはルールを守る事で自分自身をも守る事ができるのです。スノボーは一枚板で器用に向きや速度調節を行っていく必要があります。ここがスノボーの醍醐味でもあり難しいところでもあるのです。足だけしか使っていないように見えるのですが、スキー体験者もご周知の通り、全身運動となりますから基礎体力をしっかり鍛えておかないと、奇妙なところで骨折したりケガをしたりしやすくなります。この点は他のスポーツや運動でも言える点です。いきなり初めから難解なワザを目指す事をせずに、まずは転び方や止まり方をインストラクターに習ってから本格始動される事を強くオススメします。